So-net無料ブログ作成

皆さん、良いお年を!

reed.jpg
hujio.jpg
いよいよ2013年も終わりますね。今年は、偉大な日米のオリジナルパンクロッカーの訃報が届き、とても残念でした。日本では、山口冨士夫。共演させていただいたことは1度しかありませんでたが、存在そのものが真のロックでした。型の中におさまる人間しかやっていけない今の日本の中では、もう生きていけるような存在ではなかったのでしょう。冨士夫さんの曲は全曲聴いております。「瞬間移動できたらイイナ…」とか「ピッカピッカ、ダイヤモンドの夜をおまえに…」「皆殺しのバラードを聴いたことあるかい?」なんて歌を、いつの日かカバーしたいと思っています。天国で、清志郎さんやらジョニーサンダースと、ストーンズやらブルースやらセッションしているのでしょうか?アメリカでは、ルー・リード。どの時代のルー・リードも大好きでした。最高だったのは、やっぱりロバート・クインとギターバトルしていた時代でしょう。「ライブ・イン・イタリー」は、あらゆるバンドのライブ盤の中でも、最高傑作と言えるライブ盤です。訃報が届いてからは、こればかり聴いています。来日公演は、1度だけ神宮球場で見ました。この時は、ロバート・クインはいませんでしたが、トリオ編成で、パンクなナンバーをたっぷりと演奏してくれました。「ルー・リードを確かに観た!」という忘れられないライブでした。お二人は亡くなりましたが、まさにその音楽と魂は不滅で、後に続く私たちが継承していくのです。皆さん良いお年を!2014年にはローリングストーンズがやってきてくれます。8年間待ちましたね!2014年、トラメも頑張ります。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。