So-net無料ブログ作成

騒音寺はストリートロッカー!!

先日、京都の騒音寺が横浜クラブリザードに来たので、ライブを見に行く。騒音寺のCDは全て聴いており、そのアルバムも大好きである。騒音寺こそ、あの1980年代インディーズの嵐が吹き荒れたストリートロッカーの雰囲気をかもし出す最高のロックバンドである。その雰囲気は、当時のフールズや暗黒大陸じゃがたら、そしてあの山口富士夫率いるティアドロップス等のように、サウンドだけにとどまらず、つまり「やばさ」がバリバリなのです。且つ、当然ストーンズのように2本のギターが絡み合う絶妙のアンサンブルがライブでもたっぷりと堪能できるわけであるから、私としては、注目せざるおえないのである。曲もいいんだな~。年度初めで忙しすぎた私は、最近、電車の中では「じゃがたら」や「ジミヘン」ばかり聴いている。どちらも、後がないサウンドなんだよ、もう残されたのは「死」しかないんだよ。騒音寺もそんな「やばさ」満点の最高のストリートロッカーなんだよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。