So-net無料ブログ作成
検索選択

すべてが素晴らしいハル・ライブ

ついにTHE WHOの「ライブ・アット・ハル」が単独で、昨年末にリリースされ、繰り返し聴いています。ロジャー・ダルトリーいわく、「リーズより自信がある」というのは、聴いて納得でした。それにしても、この時期のWHOは、まさしく世界最強と言えるでしょう。ロックバンドとして、もっともシンプルな編成で、あの「TOMMY」全曲ライブを、しかもハードに暴れまわるバンドは、他にいないことは、まさしくこの「ハル」が証明していますね。全曲を創り上げるピートの才能は、世界一でしょう。単純に考えて、ジョンとポール、ミックとキース、ロックの伝説である両巨頭が天才二人のシングライティングチームであるのに対して、ピートはたった一人でこれらの曲を創り上げデモテープをメンバーに渡す。それらの名曲を、ジョン・キース・ロジャーの暴れ馬職人たちが縦横無尽に演奏していく。すべてが素晴らしいWHOをこのメンバーで見たかったと思うのは、日本人なら誰しも同じでしょう。「四重人格ツアー」は、世界で展開されているのでしょうか?現在のメンバーでも、やはりまた見たい。ストーンズそしてWHOと、来日を願うばかりです。さて、トラメの2013年のライブは3月からスタートとなりそうです。「ハル」でも聴きながら、皆さん、楽しみに待っていてください。

A HAPPY NEW YEAR!!

明けましておめでとうございます。ずいぶん、ブログもサボっていたのは、パソコンが不調だったからです。昨年厄介なウイルスにやられたらしく、だましだまし使っていましたが、もうダメとのことで、今回、最新PCを購入。使い方が全くわかりませんが、とりあえずトラメサイトの更新、ブログの更新はできるようになったわけです。今年は、毎週更新します。ぜひ、読んでやってください。さて、昨年トラメは、結成30周年記念ライブを終え、現在は、新しい曲作りに励んでいます。おかげさまで好評の「R&R エモーション」以上の楽曲をそろえるべくリハーサルに励んでいます。昨年といえば、ストーンズ50周年ライブ、WOWWOW生中継で見ました。この日のためにWOWWOWに加入。準備万端整え、録画。もう10回以上見たかな?60年代の曲が多く披露される中、最高の新曲2曲も中盤に……。中でも、「ワン・モア・ショット」のキースのリフのカッコいいこと。正にストーンズでしたね。ミックテイラーの参加した「ミッドナイトランブラー」素晴らしかった。レディ・ガガには驚いてしまった。あまり真剣にレディ・ガガを見たり聴いたりしたことなかったのですが、あのミック・ジャガーが引いてるように感じたの私だけでしょうか?とにかく凄いインパクトでした。50周年を迎えても、ストーンズは変わらず現役でロックで、そして何より凄いのはポップスターであることだ。客席が映ると未だに、若い女の子がキャーキャー騒いでいる。決して「ブルースマンにはならない」ところがストーンズなんだ。またもやストーンズに大きな刺激をもらいました。そして、映画「クロスファーヤー・ハリケーン」必見です。見ていない人は、すぐに見るべし。60年代ストーンズでブライアン・ジョーンズがいかにカッコよく刺激的であったか、よくわかりますよ。もうここまできたら、「願う:来日」。トラメも、「進化し続けること」を目標に、2013年当初は、曲作りが待っています。2013年が私たちにとっても皆さんにとっても幸せな1年となりますように……。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。