So-net無料ブログ作成

大江慎也のNewBand!

shinyaoecutters.jpg
何年ぶりであろう。大江慎也を見た。30年ぶり?あまりに人が多すぎて、人の頭の後ろから少し姿が見えた初期の新宿ロフト。あの感動的な横浜国大野音ライブ。思い出はつきない。その大江慎也がNewBandを率いて横浜にやってきた。正直、ソロでは見に行こうと足が進まなかったが、バンドとなると話は別であろう。見て本当に良かった…。オープニングは「ロージー」2曲目は「ケース・オブ・インセニティー」これだけで悪いわけがない理由がわかってもらえるはず。「グッド・ドリーム」や「ハード・レイン」など、マニアックな選曲も含め、ルースターズ当時からよくやっていたイギー・ポップのカバー「トゥナイト」も披露した大江慎也は、R&R全開のようだ。相変わらずMCは、意味不明なMCが多かったが、とにかく涙が出るほど、いろいろな曲が心にしみた。身体をこわし精神を病んだという噂ばかりが、何年も流れたままで、シーンの中でカリスマのように扱われてきた大江慎也だが、ルースターズの定期的な復活やソロでの活動を経て、新しい大江慎也が表現できるメンバーと出会えたことがよくわかるライブだった。バンドメンバーの演奏も素晴らしいと感じたし、おそらくこれからライブを重ねて進化していくことが期待できる素晴らしい1日だった。どうして、こんなに大江慎也が30年もたった今でも人の心を捉えているのかと考えたが、ひとえに楽曲の素晴らしさに尽きると思う。日本のBandで初期・中期・後期なんてビートルズのように語られるBandなんてルースターズだけだし、その見事な変容ぶり、その時期毎の名曲の数々。本当に歴史に残るBandだ。大江慎也のBandとしての復活が、本当に心から嬉しい。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。