So-net無料ブログ作成

シーナ&ロケッツ日比谷野音にて…

sr-yaon-flyerAs.jpg
9月13日(土)素晴らしい天候に恵まれて、シーナ&ロケッツの35周年とニューアルバム「ロケット・ライド」の発売を祝う日比谷野音ライブが、およそ17時45分くらいだったか、スタート!オープニングは、驚きのニューアルバムからの「マッドネス・シティー」!「ロケッツ・ライド」の中で、鮎川さんが歌うナンバーの中でもとびっきりベストな1曲です。日本全国から、シナロケファンがこの野音にかけつけています。この日のライブは、単に「素晴らしい」という一言では片づけられない、私にとって、生涯忘れることのない思い出となるライブにちがいありません。FBでは、多くのファンの方が「感動のあまり泣いてしまった」とのコメントが寄せられていますが、この日のライブに関しては、その気持ちが痛いほどわかるのです。35年にわたって日本のロックのトップシーンを常に走っているシーナ&ロケッツ!他にそんなバンドは、日本中どこにもいないし、忌野清志郎や山口冨士夫といったR&Rの名人たちは、残念ながらこの世を去ってしまった。僕たちにとって、この35年間ずっとR&Rと言えば鮎川さんだし、パンククイーンといえばシーナさんなのです。四国高松で、高校生の頃、NHK日曜日夕方6時からの歌番組で、「ユー・メイ・ドリーム」やら「ベイビー・メイビー」を見て、そのパンクな演奏にぶっ飛んだ思い出があります。僕は、20歳の時だったか、横浜のシェルガーデンというライブハウスでシーナ&ロケッツの警備員をやったんです。後ろから、突進してきたお客さんにたくさん蹴られました。その時の1曲目は「アイム・キング・ビー」。キンクスの初来日公演、会場に鮎川さんとシーナさんの姿を見つけて、おっかけました。鮎川さんは「3日間、続けて来てる」と嬉しそうに話してくれました。そして、横浜国大野音、「デッド・ギター」をやる前の鮎川さんのMCが、僕に「トラメというバンドでR&Rをやり続けるんだ」という勇気と意思を与えてくれました。その「デッド・ギター」もこの日のセットリストに入っており、僕は国大野音を思い出していました。この日のハイライトは阿久悠さん作詞の「ロックンロールの夜」だったと思います。阿久悠さんに捧げるMCの後始まったこの曲は、ジョン・リー・フッカーみたいなブルースなのだけれども、とても切なく響くバラードのようでもありました。僕は、ちなみにこの曲から「感極まった」という感じです。そして、この曲がこれからも止まることなくR&Rし続けるシーナ&ロケッツの宣言でもあると確信しました。鮎川さん、シーナさんを、これからも追いかけて僕たちトラメは転がり続けていきます。僕たちの20周年25周年30周年と、ずっと鮎川さんシーナさんにかけてつけていただいているなんて!!日比谷野音のステージを見ながら、本当に夢のようで、R&Rの神様に感謝します。シーナ&ロケッツ、本当にありがとう!!いつも最高です!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。